ハルンケアの効果 前立腺肥大

MENU

ハルンケア、頻尿や軽い尿漏れ、残尿感に効く!ということは…

 

ハルンケア内服液、購入してみました。通販のアマゾンで注文。価格は、2本入りで647円でした。

 

 

 

 

これ、医薬品ですよ。第2類医薬品に分類されています。そういや、ちょっと前までは第2類医薬品は通販では買えなかったんですよね。

 

 

 

 

医薬品ですから、効能・効果が書いてあります。ナニナニ、「体力の低下/下半身の衰え/手足の冷えを伴う次の症状の緩和:軽い尿もれ、頻尿(小便の回数が多い)、残尿感、尿が出渋る」ですって。

 

ああ、この症状…思いっきり、「前立腺肥大」に伴う症状ですよね。男性にしかない器官である前立腺が、中高年になれば徐々に大きくなってきて尿道を塞いでくるのです。その結果、頻尿や尿もれ、残尿感や尿がでにくくなるなどの症状が現れてきてしまうのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

前立腺肥大症の方で、ハルンケアを服用してはいけない人がいます!

 

このハルンケア内服液、前立腺肥大症の方にピッタリな薬かと思いきや…服用してはいけない人がいました!

 

 

パッケージに書いてあるんですが…

 

 

 

 

「前立腺肥大症等により少量ずつ常に尿がもれる」人は、服用しないよう注意書きがあります!

 

オシッコした後、全部出したと思ったのにチョロっと漏れる、なんていうのは前立腺肥大症の「あるある」なんですが、ちょっとずつ常にもれるのは、もはや別の対策を考える段階に来ています。この場合は、気が進まないかもしれませんが泌尿器科でしっかり診察・治療したほうがいいでしょうね。

 

 

ハルンケア内服液、中身を出してみよう。

 

ではこのハルンケア、開けてみましょうか。

 

 

 

 

おっ、説明文書と共に、2本のハルンケアが出てきました。

 

 

 

 

はい、ドーンと並べてみましたよ。じゃあ蓋を開けましょうかね。

 

 

 

 

ところで、この中身の液体、どんな色をしてるんでしょうか?急に気になったので、ガラスのコップに中身を出してみることにしました。

 

 

 

 

うわ、何だか黒っぽい…

 

 

 

 

コーラのような、黒い液体でした。

 

 

ハルンケアの成分、実はあの漢方薬と一緒?

 

ここでハルンケアの有効成分をみてみることにしましょう。

 

 

 

 

いいですか、生薬エキスとして「ジオウ、タクシャ、ボタンピ、ブクリョウ、サンシュユ、サンヤク、ケイヒ、炮附子」が入っているんですよ。

 

漢方薬に詳しい方は、この成分を見てピンとくるかもしれませんね。そう、あの「八味地黄丸」と同じ成分なのです。

 

要するに、ハルンケアの正体は「八味地黄丸」だった、ということですね。

 

 

 

 

ちなみに、八味地黄丸はこんな感じの薬です。

 

 

 

 

はい、真っ黒ですね(笑)。どちらの原材料は一緒ですから、色も同じというわけです。

 

 

 

 

ハルンケアとノコギリヤシ、どちらがいい?

 

私はノコギリヤシというサプリメントを飲んでいます。

 

ノコギリヤシはサプリメントなので、そもそも比較の土俵に載せるのはおかしいのですが…

 

 

 

 

コストパフォーマンスとしては、ノコギリヤシのほうに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

 

関連記事:初回1ヶ月分が500円のノコギリヤシサプリ。

 

 

ハルンケアのほうは、1日2本服用するように定められていますが、それだと1日で647円かかるという計算になってしまいます。ちょっと高いかな。

 

もちろん、「日本」ではノコギリヤシはサプリメントであり、ハルンケアは医薬品という違いがあります。

 

効能・効果がはっきりしているハルンケアは、そういった意味ではコストパフォーマンスは悪くない、と考えることもできますよね。

 

 

 

 

尿漏れ、頻尿、おしっこが出渋る…辛いものです。お早めにスッキリさせて、笑顔を取り戻して下さいね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ハルンケア、よもやま話。

 

さてこのハルンケア、コップに出した分はもちろん飲みました。正直言って…美味しくはないですね(ちょっとまずいと感じる方もいることでしょう)。微妙な苦味が混じっています。栄養ドリンクだったら、もっとおいしく飲めるのですが…ただ、特にアルコールが混ざっているわけではないので、アルコールに弱い方も飲めることでしょう。

 

製造販売元は、大鵬薬品工業株式会社。この製品のネーミングの由来は、どうやら「尿」(ドイツ語でハルン)の「ケア」というところに語源があるそうです。そんな意味とは知りませんでした。いろいろ考えますよね。

 

前立腺肥大からくる症状がメインなら、男性向けの薬にも思えますが、八味地黄丸は女性にも処方される薬ですので、男性でなくても効果はあることでしょう。そもそも、「前立腺肥大」という言葉は、効能・効果には記載されておらず、使用上の注意の部分に記載されているだけですからね。

 

ちなみに副作用としては、「発疹・発赤・かゆみ・吐き気・嘔吐・食欲不振・胃部不快感・下痢・腹痛・便秘・頭痛・めまい・動悸・息切れ・尿閉・のぼせ・悪寒・浮腫・口唇や舌の痺れ」などが考えられます。このような症状が現れたら、すぐに飲むのを中止して下さいね。
なお、服用期間は14日間が目安です。このくらい飲み続けても改善しないなら、別の対策を考えて下さい。

 

ハルンケアには内服液のほか、ゼリータイプもあります。こちらはビンではなくスティックタイプですから、持ち歩くのに適していることと思います。
この薬の口コミを探している方もいることでしょうが、類似品として八味地黄丸があるので(ていうか、同じ中身です)、八味地黄丸の口コミも参考にするといいでしょう。中高年向けの薬ではありますが、10代や20代、30代の方が飲んでも問題はありません。