福岡にある前立腺肥大症の病院はココ!

MENU

どうぞ、この病院が福岡で前立腺肥大症の手術をしています。

「あれれ、前立腺の調子が悪い…」と気付いて、福岡の病院をお探しのあなた。

 

前立腺肥大症の疑いがあるので、診察してもらおうと考えているんですね。

 

仮に前立腺肥大症が進行している場合、HoLEPやTUTRPなどと言われる手術方法で手術を受けることになる可能性もあります。

 

ですから、福岡で実績のある病院を探して記載しておきましたので、どうぞご覧になってくださいね。

 

 

もちろん、実際に手術が必要なまでに進行しているかどうかは、病院で診察してもらわないとわかりません。

 

でも、手術が必要なほど進行していない場合は、まずは薬物療法で治療することになります。

 

 

手術が不要な場合には、サプリを試してみては…

 

手術が必要でないような状態のときには、治療はもちろん受けるとして、健康のために試してみて欲しいものがあるんですよ。

 

それはノコギリヤシサプリ。

 

あくまでサプリメントですから、薬として勧めているわけではありません。

 

健康のために、サブ的な感じで飲んでみるといいんじゃないでしょうか。

 

植物のエキスですから、薬のような強烈な作用はない代わりに、薬のような副作用もありません(ただ、体質に合わないことは皆無ではないでしょう)。

 

 

日本では未だ治療薬としては採用されていないので、「サプリメント」なんですけどね。

 

ですから、薬の代わりに飲むことはオススメしませんし、前立腺肥大症の治療の代わりになるものでもありません。

 

そのことを今一度確認した上で、サプリメントとして試してみるのはアリなのではないでしょうか。

 

 

とりあえず私は試してみました。

 

あなたも、自分の体が喜ぶようなことをしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

 

福岡で前立腺肥大症の治療の評判が高い病院は?

医療法人 原三信病院

福岡市博多区大博町1-8。前立腺肥大症の手術を行う際には、経尿道的前立腺切除術(TURP)のほか、経尿道的前立腺レーザー蒸散術(PVP)も行う。経尿道的前立腺レーザー蒸散術は、KTPレーザーではなくLBOレーザーを使用。ちなみに手術費用は12万円程度(自己負担部分)。

公立学校共済組合 九州中央病院

福岡市南区塩原3-23-1。グリーンライトレーザー機による前立腺蒸散術(PVP)による前立腺の手術を実施。出血リスクが低く、保険適用。

一般財団法人 平成紫川会 小倉記念病院

北九州市小倉北区浅野3-2-1。経尿道的前立腺切除術(TURP)はもちろん、経尿道的ホルミニウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)といった新しい手術方法も採用している。前立腺肥大症に対する手術実績は、2016年は26件。

 

前立腺肥大症の手術は、ある意味最後の手段と言えるでしょう。肥大した部分をレーザーで焼き切ったり、あるいは切り取ったりすれば、尿道などの圧迫も治まり、尿が出やすくなるなど、前立腺肥大に伴った不快な症状は少なくなるのはたしかです。
しかし、手術に伴う後遺症に悩まされる方も決して少なくはないんですよ。特に「逆行性射精」は後遺症の最たるものとして挙げられます。
ですから、基本は薬物療法が採用されます。ユリーフやハルナール、ときには八味丸などの漢方薬も処方されることもあります。
それでも前立腺の肥大が食い止められず、しかも日常生活に多くの支障がある場合は、手術適応となるんですね。
福岡の病院も、尿が出ないなど緊急の場合はともかく、そうでなければまずは薬物療法から始めることが多いと思います。そのような病院なら、福岡市内はもちろん、北九州市、久留米市、飯塚市、春日市や大牟田市、筑紫野市や大野城市・宗像市や糸島市などいったところでも、たくさんありますからね。ただ、手術となると、やはり病院はしっかり選びたいものです。

 

スポンサーリンク

 

私はこうやって前立腺肥大に気付きました…(あるある)