前立腺肥大 治療薬 副作用

MENU

前立腺肥大の治療薬はいろいろあるけれど…

 

病院で使われる、前立腺肥大の治療薬ってどんなものがあるのでしょうか。

 

副作用が心配なので、およそ「薬」という名の付くものは摂取したくないのですが…

 

抗アンドロゲン剤(抗男性ホルモン剤)

 

まず代表的な治療薬として、抗アンドロゲン剤(薬)があります。

 

そもそも前立腺肥大は、男性ホルモンであるテストステロンが変化したジヒドロテストステロンが、前立腺にあるアンドロゲン受容体と結合することにより進行するといわれているんですね。

 

それならば、その結合を阻止すればいいのではないか、ということで、その結合を阻止する薬、つまり抗アンドロゲン剤が前立腺肥大の治療薬として使われるのです。

 

ただこの薬、別名は「抗男性ホルモン剤」。つまり、男性ホルモンの分泌も抑えられてしまうことから、それが副作用につながります。

 

つまり、性欲が減退したり、男性なのに胸が膨らんでくるなど、ホルモンのバランスが崩れてしまいがちになってしまうんですね。

 

 

私が飲んでいるのは…

 

 

α受容体遮断薬(交感神経抑制剤)

 

 

 

他の治療薬としては、α受容体遮断薬(交感神経抑制剤)があります。

 

シロドシンとか、ユリーフと呼ばれる薬ですね。

 

 

前立腺肥大の症状のひとつに、尿が出にくいといった排尿困難や、頻尿というものがあります。

 

この薬は、尿道括約筋の緊張をとり、尿を出やすくする作用があるんですね。

 

 

副作用としては、めまいや立ちくらみが報告されています。

 

5α還元酵素阻害薬

 

 

 

また最近では、5α還元酵素阻害薬の使用が認可されたため、前立腺肥大の治療薬として使われることもあります。

 

これは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを阻害するので、結果的に前立腺肥大がストップするんですね。

 

そして、この薬はテストステロンの分泌を抑えるわけではないので、抗アンドロゲン薬のような副作用が少ないといわれています。

 

しかし、抗アンドロゲン薬ほどではないにせよ、やはり男性ホルモンに影響するため、性欲減少などの副作用が考えられます。

 

 

5α還元酵素阻害薬は一般的に、デュタステリド(アボルブ)という名前で知られていますね。男性ホルモンを抑えることから、抜け毛・薄毛対策にも使われることもあります。

 

ホスホジエステラーゼ−5(PDE5)阻害薬

 

2014年には、ホスホジエステラーゼ−5(PDE5)阻害薬であるタダラフィル(ザルティア)が前立腺肥大の新薬として認可され、医療現場で使われ始めています。

 

ただこの薬、元々はEDの治療薬なんですよね。シリアスという薬と全く同じ薬です。

 

 

副作用は避けられないが…

 

 

 

結局、いろんな薬がありますが、「薬」である以上、副作用は避けられません。

 

そのリスクがあるという認識を持ちつつ、治療を進めてくださいね。

 

 

関連記事:サプリを飲んだ、私の感想。

 

関連ページ

前立腺肥大が心配だけど病院で検査を受けたくない、何か解決策はないの?
どうも前立腺の調子が悪いけど、病院に行く暇もないし、そもそも行きたくない…そんなあなたは、こちらをお読み下さい。
残尿感の治し方は?前立腺肥大だったら…
前立腺肥大の手術はしたくない!後遺症も怖いし…
前立腺肥大を漢方薬で治療する。ツムラの八味地黄丸が代表的か?
痛みを伴う前立腺肥大ってあるの?
前立腺肥大でもPSA(前立腺特異抗原)が高くなりますか?
前立腺肥大の薬、ユリーフ錠と手術が逆行性射精を引き起こす?
前立腺肥大と健康食品の関係はいかに。
軽い尿漏れの改善策。男性はこうしたほうがいいでしょうね。
八味地黄丸は40代でも効果はありますか?
前立腺肥大症を温熱治療で治す。「高温度治療」と「温熱療法」の違いは?
ハルンケアの効果は、前立腺肥大症の症状の緩和だが、注意が必要!
ユリナールの効果は、あの漢方薬と同じなのかな?
前立腺肥大が治らない…治し方を知りたい!
椅子に座って前立腺肥大が悪化しないよう、こんな対策をした。
南国牡丹(ボタンボウフウ)とノコギリヤシの違いを比較してみよう。
生漢煎 八味地黄丸「オオクサ」を徹底解剖してみよう。