小林製薬 サントリー ノコギリヤシ

MENU

サントリーと小林製薬、違いは何ですか?

 

 

ノコギリヤシもどんどん有名になってきていますね。

 

サントリーからも、「ノコギリヤシ+セサミンE」という名前で、ノコギリヤシサプリが発売されています。

 

含まれている成分は、ノコギリヤシエキス、セサミン、そしてビタミンE。
1日分(3カプセル)としては、ノコギリヤシエキス320mg、セサミン10mg、ビタミンE55mgです。

 

 

これに対して、小林製薬のノコギリヤシEXのほうはというと…

 

ノコギリヤシエキス320mg、サフラワー油 79.0mg、水利通快源(春黄金花の実エキス、オオバコの種子エキス、ヤマイモエキス、ニラの種子エキス、ニッケイエキス、クコの実エキス、オランダビューの種子エキス) 50mgが含まれていますね。

 

 

ノコギリヤシエキスの品質は?

 

ノコギリヤシエキスの分量はどちらも同じ、320mg

 

この量は業界のテンプレですね(笑)。海外の臨床試験の結果を踏まえて、320mgとなっています。

 

 

では、品質はどうなのでしょうか?

 

サントリーのほうは、「生育に適した気候と土壌をもつ、フロリダ南部に自生するノコギリヤシの果実だけを使用」しているとか。
「担当者が現地まで赴き、直接その目で品質を確かめて」チェックしています。

 

また、エキスが酸化しにくい「超臨界抽出法」によってエキスを抽出しており、高品質を保っているんですね。

 

 

これに対して、小林製薬のほうは、海外で薬として認可されているインデナ社製のノコギリヤシエキスを使用しており、こちらもかなりの高品質です。

 

さすがこのあたりは、両社ともしっかりした原材料を使用しているようですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

他の成分が大きく異なる。

 

両社のノコギリヤシサプリを比較すると、ノコギリヤシエキス以外の成分が大きく違いますね。

 

 

サントリーのほうは、セサミンとビタミンEが含まれています。

 

セサミンのサプリとしては、サントリーの「セサミンEX」が有名ですね。よくテレビのCMでもみかけますし。

 

その「セサミンEX」には、セサミンが10mg、ビタミンEが55mg、トコトリエノールが2mg入っているのですが…

 

 

そうです、「ノコギリヤシ+セサミンE」には、「セサミンEX」の主成分であるセサミンとビタミンEが同じ分量だけ含まれているのです!

 

ノコギリヤシがメインでセサミンはおまけ、という感じではなく、セサミンもドーンといっぱい入っているのが嬉しいですね。

 

 

これに対して、小林製薬のほうは、サフラワー油と水利通快源が含まれています。

 

この中で小林製薬が一押しなのが、水利通快源。

 

これは上記にも書きましたが、春黄金花の実エキス、オオバコの種子エキス、ヤマイモエキス、ニラの種子エキス、ニッケイエキス、クコの実エキス、オランダビューの種子エキスの総称なんですね。

 

小林製薬が独自の研究で、中高年男性の気になる悩みをサポートする成分をプラスしています。

 

この成分にはかなりの自信を持っているようですよ。

 

こちらの記事(小林製薬「ノコギリヤシ」製品を比較しよう)にも書きましたが、小林製薬が発売しているノコギリヤシサプリのうち、最上級の「ノコギリヤシEX」にしか、この成分が含まれていません。

 

つまり、かなりもったいぶっているということでしょう(笑)。

 

 

最大の違い、それは値段。

 

この2つのノコギリヤシサプリ。最大の違いは、価格です。

 

 

サントリーのほうが、1か月分の定価は5200円(税抜)。

 

 

これに対して、小林製薬のほうは、1か月分で2700円(税抜)。

 

2倍近く値段が違いますね〜。

 

サントリーのほうは、セサミンがおまけレベルではなく主成分に近い感じで含まれています。

 

ですから、その分お値段も高くなってしまっている感じですね。

 

 

どちらがオススメ?

 

これはもう、シンプルに考えていいんじゃないでしょうか?

 

ノコギリヤシだけでなく、セサミンもしっかり飲みたいならサントリー。

 

セサミンはいらない、その分価格が安いほうがいいと考えるなら小林製薬。

 

あなたに合ったノコギリヤシサプリを選んで下さいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連記事:ノコギリヤシエキスが多いのはこれだけど。