前立腺肥大 病院 神戸

MENU

さあ、恥かしがらないで…

「さっきトイレに行ったばっかりなのに、何かスッキリしない…」といった、前立腺肥大の症状に悩まされているあなた。

 

神戸の病院でちょっと診てもらおうかという気になっているんですね。

 

もちろん、少しでも自分の体に不安があれば、診てもらって下さい。

 

おそらく、直腸診という検査を受けることになると思いますので、あらかじめその心構えをしておいて下さいね。

 

私はこの直腸診を受けたことありますよ。お医者さんに指を肛門に入れられてしまいますが、これは前立腺肥大の程度を判断する、重要な検査なのです。

 

全てを医者の指に委ねて、受け入れて下さい…

 

 

そんな直腸診の洗礼を受けたあなたに検討して欲しいのが、サプリメント。あなたのように、どうもスッキリしない状態の方に特に愛用されているサプリがあるんです。

 

それが、ノコギリヤシ。自然の成分ですから、安心して飲み続けられると思います。

 

私も飲んでみました。あなたの「スッキリしない」に、サヨナラできますように!

 

 

スポンサーリンク

 

泌尿器科のある病院・兵庫県編

独立行政法人労働者健康福祉機構 関西労災病院

尼崎市稲葉荘3丁目1-69。光選択的前立腺蒸散術(PVP)を導入。4年間で計300以上のPVP手術実績。PVPは尿道から通して、前立腺の肥大部分にレーザーを照射する。

社会医療法人神鋼記念会 神鋼記念病院

神戸市中央区脇浜町1丁目4-47。泌尿器科は、原則として予約必要。前立腺肥大症に対する手術としては、TURP・Holepを使う。

一般財団法人 神戸市地域医療振興財団 西神戸医療センター

神戸市西区糀台5丁目7-1。2015年は前立腺肥大症の手術32例あり。

 

前立腺肥大の検査で最もメジャーな検査は、直腸診でしょう。肛門から指を入れて前立腺を肛門側から触るという原始的な診察方法ですが、そのときの感触である程度診察がつくのです。
もちろん、あなたが自分でやってもよくわからないと思います…あくまでも、経験と知識のある泌尿器科の先生だからこそ、判断ができるのです。

 

しかしまあ、泌尿器科を専門とする先生は、何がきっかけで泌尿器科を専門としようと思うのでしょうかね?もちろんきっかけは人それぞれなんですけどね。
前立腺など、男性特有の器官を含むので、やはり男性の医者が多いことでしょう。でも女医さんも少ないながらもいるみたいですね。泌尿器科は何も前立腺だけを診るわけではないし、例えば膀胱炎などは女性もかかるものなので、そういうときには女性は女医さんのほうが何かと通いやすいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ノコギリヤシエキス、なぜ私が飲み始めたのか?