前立腺炎 長引く

MENU

すぐ治ると思ったのに…意外と長引く前立腺炎。

 

さあ、イヤな痛みの原因は、前立腺炎が原因だということがわかりました。

 

薬ももらったし、すぐに治るかな…私はそんな軽い気持ちだったんです。この後長引くことになるとも知らずに…

 

 

薬は1週間分ぐらいの分をもらったように記憶しています。毎日、朝昼晩と真面目に薬を服用しました。

 

そりゃ、一刻も早くこんな痛みからオサラバしたいですからね。

 

その頃は、薬さえ飲めば病気が治るという認識でした。

 

 

無知とは恐ろしいもので…今ならこう思いますよ、「自分の体は自分の自然治癒力が治す」ってね。

 

もちろん薬は有用なのですが、結局最後にモノを言うのは、自分の自然治癒力です。

 

 

しかし、バカな私は、特に生活態度も改めもせず、自然治癒力を高めようともせず、ただ薬だけひたすら飲んで、前立腺炎が治るのを待っていたのでした。

 

スポンサーリンク

 

 

再検査は良好だったものの…

 

さて、1週間後の再検査の日。

 

採尿の結果を、泌尿器科の先生が教えてくれます。「ちょっと尿の濁りが取れてきたかな。しばらくこの薬を続けましょう」

 

痛みも何となく軽減してきたように思っていたので、体感と一致する検査結果にホッとして、また薬をもらって病院を後にしました。

 

今度は、薬は2週間分ぐらい出たように記憶しています。やはり抗生物質と、炎症を止める薬。

 

 

何らかの菌が前立腺のあたりで繁殖して、炎症を起こしているのです。だからその菌をやっつけるべく、抗生物質が処方されました。

 

そして、前立腺が「炎症」を起こしているので、炎症を止める薬が処方されました。

 

誠に理にかなっているはずなのですが…これ以降、薬を飲んでもなかなか快方に向かわない日々が続くのです。

 

 

痛みも、以前ほど痛むことはなくなったものの、まだ時々思い出したように痛んだりします。何かすっきりしません。

 

病院で検査するたびに、「まだちょっと尿が濁っている」と言われ、毎回抗生物質と炎症止めの薬が出されます。

 

それをちゃんの飲むのですが、前立腺炎が治りきらない、症状が長引くのです。

 

病院に通うの、やめました。

 

何やかんやで、半年以上病院に通いましたが、一向にこれ以上改善する気配がありません。

 

結局私は、病院に通い続けることに疑問を感じ、8ヶ月ぐらい通ったところで病院に行くのを止めてしまいました。

 

 

だって病院に行っても治らないんですもの。それに、完全に治りきっていないものの、痛む頻度はかなり減っていましたし、普通に生活できる程度の状態でしたから。

 

病院に通う時間も、払うお金ももったいない…そう考えるのも、無理はないと思いませんか?

 

このときの判断が、良かったのか悪かったのかは、わかりません。しかし、私は20代の頃から前立腺にトラブルを抱えていたことは間違いありません。

 

 

もともと前立腺が弱いからこそ、30代後半にして前立腺肥大の傾向が現れたのか、はたまた昔煩った前立腺炎の治療をしっかりしなかったから、早めに肥大の症状が現れてきたのか…

 

 

…まあ、過ぎたことを言っても仕方ありません。

 

これからは、もっと生活習慣を見直す、口に入れるものに気を遣うなどして、自然治癒力を高めていきたいと思います。

 

 

記事の続き:噂のノコギリヤシサプリ、注文しました!こんな感じの中身です。

 

 

スポンサーリンク