排尿後尿滴下 改善と対策

MENU

前からあった「チョイ漏れ」。ちゃんと名称がついています

私はオシッコした後に、なぜかチョロっとだけ漏れてたりすることがよくあるのですが…

 

これって「排尿後尿滴下(はいにょうごにょうてきか)」っていうそうじゃありませんか。

 

そんな立派な(?)名前が付いていたんですね。

 

 

50代にもなると、3割ぐらいの男性はそうなるらしいのですが…30代後半からチョイ漏れが始まった私はどうすればいいのかね、トホホ。

 

まあ、ここでも書いたように、私は20代の頃から前立腺炎を患ってますから、前立腺が弱いんでしょうなあ。

 

この排尿後尿滴下も、前立腺の異常が関係するといわれていますからね。

 

 

前立腺が徐々に肥大してきて、尿道を圧迫するため、オシッコしてもちゃんと全部出きらずに、少し残っているんです。

 

それで、何かの拍子に、まだ残っていた尿がチョロっと出てきてしまうんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

排尿後尿滴下の改善・対策はあるのか?

 

その場しのぎの改善・対策法としては、尿道内にたまっている尿をしごいて出してしまう、という方法があります。

 

こちらのページに書いているように、会陰部のあたりを指で押しながら、尿道の先のほうに向かって、溜まっている尿をしごくように押し出していくのです。

 

 

私もやってみましたよ。おおっ、出てきたよ、尿が1滴!やっぱり少し溜まってるんですねえ。

 

 

続いてもう一回しごいてみます。ありゃ、続いてもう1滴出てきました!

 

 

うむむ、もしかしてもう1回、会陰部を押してしごくと…ありゃりゃ、もう1滴オシッコが出てきたよ…

 

 

結構溜まってるのね…これじゃチョイ漏れもするわけだ。

 

 

 

 

まあ、これを毎回オシッコ行った後にすると、とりあえずのチョイ漏れはかなり防げるかもしれませんね。

 

ただ、毎回毎回するのは面倒ですな…そんなこと言ってられないけど。

 

それに、これは根本的な改善・対策ではなく、その場しのぎですからね。もちろんやらないよりはやったほうがいいけど。

 

では、根本的な改善策はあるのか?

 

もしもこの「排尿後尿滴下」が、前立腺肥大による影響が大きいのなら、前立腺肥大を改善することが一番の対策ですよね。

 

まあ、まずは病院で診てもらうのがいいでしょう。

 

漢方薬としては、八味地黄丸なんかは、前立腺肥大の治療によく使われます。

 

前立腺肥大の手術なんていうのもありますが、それなりにリスクがありますので、これは最後の手段にしておきたいところですね。

 

 

関連記事:「夜、何回も…」サプリ、頼んでみた!

 

 

スポンサーリンク